台中の台湾塔の設計コンペで日本人優勝

台湾の台中に中華民国建国100周年を記念して建設予定の台湾塔の設計コンペで日本の建築家である藤本壮介の設計案が優勝した。台湾塔は中央公園の南端に建設され、高さを競うものではないが、大肚山の最高点を超えることを原則に台湾海峡が見渡せ、周辺の環境と調和した台湾の新しいランドマークとなることを目的として建設される。

台灣塔競圖的優勝者出爐囉,是由日本建築師藤本壯介與共同投標廠商費宗澄奪得第一名!以台灣的榕樹樹幹為發想,華麗的結構體與半開放的室內空間,宛如身處在大樹的樹冠底下。頂部的綠化空間就像是一座飄浮在空中的綠色島嶼,代表了神聖之島福爾摩沙。將園林的自然之美引進城市的肌理當中,成為一個象徵性的標誌建築!

http://www.kaiak.tw/2011/11/blog-post_24.html
http://www.twtower.com.tw/